山陰観光ガイド

Hippopotamus(カバ)



Hippopotamus(カバ)
■作品名
Hippopotamus(カバ)

■作家
明地 信之(あけち のぶゆき) 1963年東京都生まれ

■制作
2006年

■設置場所
JR米子駅前

■作品について
「カバ」が米子の新しい待ち合わせの場所として、「彫刻のあるまち」米子の道しるべとして親しんでもらえたら、という作家の想いが伝わってくる作品です。


■遊悠施設番号
3138
■マップコード
■関連HP


山陰まちナビTOP
遊悠MAPモバイルTOP
米子まち歩きモバイルTOP
神仏の通ひ路ルート
水辺ルート
施設名一覧で検索
山陰観光ポータル
中海・宍道湖・大山圏域観光連携事業推進協議会